ブラックリストに乗ってしまった人がお金を借りる最終手段としては、闇金と思いがちですがこれは絶対に選んではいけません。
今すぐお金を用意できなければ命の危機が迫っているというのであれば闇金であろうと何であろうとお金を用意しなければなりませんが、実際には命まで取られるようなことというのはないものです。
それを考えると闇金からお金を借りるのは最終手段としても考えられるものではなく、闇金から借りなければならない状況の時点ですでに手はないと考える必要があります。

それでは、お金を借りる本当の最終手段としてはどのようなものがあるかというと、質屋を利用するという手があります。
金銭的な価値があるものを所有していれば、それを元にしていくらかのお金を引っ張ることができますから、僅かなお金でも手にしたいというときには使える手段となります。

親兄弟からお金を借りるというのも最終手段としてはあり得るものであり、他に誰も貸してくれなくなった時に頼りになるのは血縁関係です。
ブラックリストに載ってしまった場合であっても、返ってこないことを承知で貸してもらうことができる事がありますから、親兄弟に頼ってみるという手もあるでしょう。

ブラックの人というのは大抵の場合、お金を借りてどうにかなるというわけではありませんが、借りることによって浮上の目が出てくる可能性がある場合には、最終手段を利用してみるという手もないわけではありません。