今は金利の少ないですし、ほとんど同じように感じられますが、銀行のカードローンとノンバンクのそれとは何が違うのでしょうか。まず銀行は銀行法で定められた融資ですが、それ以外の消費者金融やクレジットカードのローンなどノンバンクのローンはすべて貸金業法で規制されていて、基本的に貸金業法の方が法律での規制が厳しいのです。銀行の方がぎびしそうな気がしますが、銀行は自分の裁量で返段できる自由度が高く、それに対して過剰融資などが起こりやすかったその他の金融機関の方が制約が多くなっています。一番大きく違うのが消費者金融などのカードローンでは必ずある総量規制です。これは例外もありますが、一般に年収の1/3までしか借り入れができないという規制で、簡単に使い道の申請や領収書の提出もなく、ほぼ自由に使えるカードローンで返済能力以上に借りていしまう過剰融資を防ぐために一律に年収から借り入れできる上限額を決めたもので、それも他社と合わせた金額となっているので、特に年収の少ない人には非常に厳しい制約となっています。しかしこの制限は銀行のカードローンにはないのです。つまり例えば収入が全くない専業主婦の場合にはノンバンクでは借入できないのですが、銀行のカードローンなら銀行が独自に審査することを条件に銀行の裁量だけで借りることができるのです。また収入の1/3を超えてしまう融資も銀行なら比較的簡単にできます。金利も少しですが一般に銀行の方が少ないです。そう考えると銀行だけあればいいように感じますが、銀行の審査は厳しく実際に返済できるかどうか様々な要素で審査しているので、誰でも借りれるわけではないというデメリットもあります。また手軽さでは消費者金融にも魅力があります。
参考